LIFE ミニマリズム

ゆるミニマリズムのすすめ【限られた時間を大切なものへ】

2月 15, 2020

最近、よく聞くようになった言葉【ミニマリズム】

大量消費社会に疑問を持ち始めた人たちが、必要最低限の物で生きようという主義の事です

 

私は厳格なミニマリストではありません。

ゆる~くミニマリズムを実行している【ゆるミニマリスト】です

 

私は生活必需品以外を買う事はほとんどなく、余ったお金を自分を幸せにしてくれる事に使っています

 

その結果、より少ない物でより幸せな生活を送っています。

 

かつては成功=お金だと信じ、成功のトロフィーなんだとブランド品を買っていた私が、ユニクロを着てもなお幸せを感じれるようになった経緯を書いていきたいと思います

 

買い物の事ばかり考えていたころの私

私は20代前半から現在に至るまで、大阪の北新地でホステスとして働いています。

 

一般的な家庭で私は育ちました。

 

ホステスになり、今まで手に入れる事ができなかった大金を簡単に手に入れる事ができました。

 

周りの先輩ホステスが身に着けているブランド品を私も欲しいと思い始めました。

 

そしてその夢はすぐに叶える事ができました。

 

物欲の正体とは

買い物って気分が良くなりますよね。

 

必要のない物を買ってしまう心理を、私の経験から分析したいと思います

 

低い自己肯定感を癒してくれる買い物は、一瞬で平凡な自分を成功者に変えてくれる。

 

高い買い物をする時に「カード一回払いで」なんて言うと、自分はすごいなと優越感に浸ったりしませんか?

 

また、その高い物を身に着けて友達に会い、友達から軽い嫉妬を感じると、一気に自己肯定感が上がりますよね。

 

このように、自分の中身自体は変わらないのにもかかわらず、買い物をするプロセスや実際買った物を身に着けることで簡単に自己肯定感を上げることができます。

 

カード会社からの請求額に後悔することが多い人や、家の中に不要な物がたくさんある人は注意してください。

 

自分の満たされない部分を買い物によって埋めようとしている傾向があると思います。

 

同調圧力から物を買ってしまう

ピアプレッシャー(peer pressure)と言う言葉を聞いた事はありますか?

 

peerとは、英語で「仲間」と言う意味です。

 

つまりpeer pressure とは自分の友達が500万円くらいの車に乗っているのなら、自分も同じくらいのレベルの車に乗るべきだと感じる仲間からの無言の同調圧力の事です。

 

外国の人が、「日本はpeer pressure が強いストレスの多い社会」と言っているのを聞いた事があります。

 

お金で幸せは買えるのか?

 

その答えは【ある程度は買える】と言えると思います

 

出典:Diamond Online

 

上のグラフのように、年収800万からは幸せ度は頭打ちになっています。

 

人は年収が増えるほど、金持ちが住む地域に移り住んだりします。

 

すると

 

隣の人はあんな良い車に乗っている...

隣の奥さんは、良い服を着ている...

 

こんな風にpeer pressure を感じている状態では、年収が上がっても幸せは感じにくいと思います。

 

そして一般的に年収が上がるたびに、社会的責任は大きくなります。

それなのに幸せ度合いは反比例して減っていく。

 

私はこの現象を見て、無意味な苦労だなと思い始めました。

 

お金を稼ぐ事自体は、素晴らしい事です。

 

ただ、仲間から同調圧力を感じてしまう人は、自分の幸せを守るために工夫が必要なのではないでしょうか?

 

せっかくのお金を稼ぐ苦労がもったいないです。

 

具体的には、高級な地域に住まない。

派手な業界で働かない、などの工夫が必要と思います

 

だんだんと無意味な苦労が馬鹿らしく思えてきた


仲間と同じレベルの車に乗って【幸せに見える】事のために、苦労して働くことがだんだんと馬鹿らしくなりました。

 

注意して自分の生活を顧みると、自分を幸せにしてくれる事は意外にも【無料の物や安い物】であったりしませんか?

 

私の場合、自分を幸せにしてくれるのは、愛犬との散歩だったり、気の合う人とのランチだったり...

 

あまりお金のかからない物の方が実は私を本当に幸せにしてくれるな、とある日突然そう思えるようになりました。

 

例えば疲労困憊しながら、ブランド品を身に着けたって本当に幸せなのでしょうか?

 

成功している人のようには見えるかも知れませんが、本当の意味での成功ではない気がします

 

ある年齢を超えてからは年々、物欲が薄れていきました。

下記には私がミニマリストになって得た物を書いていきます

経済的余裕を得た

はたから見ると、私は節約してミニマリストになっていると映るかも知れません。

 

ミニマリズムはひもじいとか、言う人がいますがそうではないんです。

 

心から自分を幸せにしてくれるものに出会えれば物欲は無理に抑えなくても抑えられるようになります。

 

言うまでもないかも知れませんが、ミニマリストになってまず得た物は【経済的余裕】です

 

精神的余裕を得た

買い物に行く時間が減ったお陰で、一日をより有意義なことに使えるようになりました。

 

また、本当に幸せにしてくれるものを見つけたお陰で、他人が良い物を身に着けていても嫉妬しなくなりました。

 

ゆったりと過ごす時間が増え、心にゆとりが生まれてきました。

 

ミニマリズムを扱った映画は1999年にすでにアメリカにあった


では最後に、ミニマリズムを扱った映画を紹介して終わろうと思います。

 

1999年にアメリカで公開されたエドワード・ノートンとブラッド・ピットの出演作品【fight club】です。

Fight club からの抜粋を載せておきます

 

The things you own end up owning you.

オマエはオマエの持っているものに縛られる。

We’re consumers. We are the byproducts of a lifestyle obsession. Murder, crime, poverty—these things don’t concern me. What concerns me are celebrity magazines, television with 500 channels, some guy’s name on my underwear. Rogaine, Viagra, Olestra…fuck Martha Stewart. Martha’s polishing the brass on the Titanic. It’s all going down, man. So fuck off with your sofa units and strine green stripe patterns.

俺たちは消費者だ!ライフスタイルの妄想が生んだ副産物だ。殺人や犯罪や飢餓は俺を悩ませない。俺を悩ませるのは、セレブ雑誌、500もチャンネルがあるテレビ、下着についてるブランド名、ロゲイン、バイアグラ、オレストラ…クソのマーサ・スチュワート。
マーサが磨いたタイタニック号の食器。
すべてぶっつぶす。だからなにもかも捨てちまえ。

You’re not your job. You’re not how much money you have in the bank. You’re not the car you drive. You’re not the contents of your wallet. You’re not your fucking khakis. You’re the all-singing, all-dancing crap of the world.

職業がなんだ、財産なんて関係ない、車も関係ない、財布の中身もだ、パンツのブランドもな。オマエらは歌って、踊るだけのこの世のクズだ。

スポンサーリンク

RECOMMEND

1

こんにちは。   まゆみです。   大阪の北新地で15年以上ホステスをしています   [word_balloon id="9" position="R" size="M" ...

2

こんにちは。 まゆみです。   大阪の北新地でホステスを15年以上しています。   過去15年間の北新地を見てきて、水商売で働く人たちの状況はどんどん悪くなる一方なのを感じています ...

3

こんにちは。 まゆみです。   [word_balloon id="16" position="R" size="M" balloon="think" name_position="unde ...

4

こんにちは。 まゆみです。   大阪の北新地で15年以上ホステスをしています。   この15年間、景気のアップダウンもありましたし、リーマンショックも経験しました。   ...

-LIFE, ミニマリズム
-,

© 2021 Mayumi blog Powered by AFFINGER5